医療保険 日額 5000円 10000円

医療保険の入院日額は5000円、それとも10000円、どちらが良い?

入院すると様々なお金がかかります。
治療費だけでなく、食事代や差額ベット代、交通費や入院時の下着や寝間着などもかかります。

 

これらを補てんするのが医療保険の役割です。
では、医療保険の入院日額、いくらに設定しますか?

 

医療保険でどこまでカバーするかを考えることで入院日額を決めることができます。
目安としてはこのような感じです。

 

入院日額5,000円…必要最低限の入院費用を賄えれば良い方
入院日額10,000円…差額ベット代など自己負担分まで医療保険で賄いたい方

 

場合によっては、個室やICU滞在まで考慮する方もいるでしょう。
そういう方には入院日額15,000円以上の金額が必要となります。

 

治療費については、高額になった場合、高額療養費が適用されます。
70歳以下で、一般の所得がある方なら、1か月の上限は約8万円です。

 

たとえば2か月にわたって、入院した場合、2×8万円=16万円で入院費用が必要となります。
入院日額5千円の医療保険に加入していれば、32日以上入院すれば、元が取れます。

 

個人的には最低限日額5000円の医療保険に加入していれば十分かなと思います。
日額1万円の医療保険に加入する余裕があるなら差額分は貯金した方が、いざというときの備えにな

 

ります。

 

ただし、貯金するのが苦手という方には日額1万円以上の保険に加入しておく方が良いです。
そうすれば、いざ入院したときに貯金がなくても、入院治療費やその他雑費まで補ってくれます。

 

 

さて、では、医療保険はどこに加入したらよいのでしょう。
貴方に最適な医療保険をけんとうするときには保険の無料相談で相談することをおススメします。

 

保険のプロであるファイナンシャルプランナーがあなたに最適な保険を一緒になって考えてくれます

 

 

納得がいくまで何度でも相談にのってくれますし、何よりも無料というのが良いです。
自分一人で決めるよりも、時間の節約にもなります。
一度足を運んでみてはいかがでしょうか?